BLOG ブログ

リフォーム補助金「住宅省エネ2024キャンペーン」の対象は?

リフォーム補助金「住宅省エネ2024キャンペーン」を活用する

リフォームする際に最も活用しやすい補助金「住宅省エネ2024キャンペーン」を利用してお得にリフォームしませんか。
新築及びリフォームのための支援策ですが特にリフォームに絞ってご案内します。
対象となる時期や工事・注意点などをわかりやすく紹介。
「住宅省エネ2024キャンペーン」には「子育てエコホーム支援事業」「窓リノベ2024事業」「給湯省エネ2024事業」「賃貸集合給湯省エネ2024事業」に分かれています。
詳しい内容は公式ホームページにて確認ください。

住宅省エネ2024キャンペーン【公式】はこちら

「子育てエコホーム支援事業」のリフォーム補助金について

住宅の所有者等が登録施工業者と契約をして行うリフォームに対する補助金です。
補助金の申請は発注者に代わり施工業者が行い、交付された補助金を発注者に還元します。
対象の工事は、住宅の窓や外壁等の断熱改修・エコ設備の設置が必須項目です。
さらに、家事負担軽減設備やバリアフリー・防犯ガラス・換気機能付エアコン等も上乗せの対象となります。
補助上限は20万円。(子育て世帯・若者世帯は上限の引き上げがある。)
補助下限は5万円以上であること。(例えば節水トイレの1か所だけの場合2.2万円以下となり対象外)
着工が2023年11月2日以降であること。予算上限に達するまで。最長2024年12月31まで。

「先進的窓リノベ2024事業」の補助金について

窓リノベ
住宅の所有者等が、登録事業者である「窓リノベ事業者」と契約し、窓やガラスを交換(断熱改修)するリフォーム工事が対象です。
なお、窓の交換と同一契約内で同時に行うドアの交換(断熱改修)も補助対象になります。
「子育てエコホーム支援事業」よりも高断熱の窓にすることにより「窓リノベ」の補助対象となればより多くの補助金を得られます。
窓の価格は上がりますが断熱性もよくなり省エネで快適な住まいとなります。
アルゴンガス入りの高遮熱・高断熱なガラスを使用することなどにより対象となります。
補助金の上限は200万円まで。下限は5万円以上の補助金であること。
着工が2023年11月2日以降であること。予算上限に達するまで。最長2024年12月31まで。

「給湯省エネ2024事業」の補助金について

給湯省エネ
給湯省エネ2024事業は、より高効率な給湯器の導入することにより対象となります。
エコキュートであっても効率の良いタイプが対象となります。
性能による加算や既設の電気温水器の撤去加算もあります。
着工が2023年11月2日以降であること。予算上限に達するまで。最長2024年12月31まで。
予算に達するのが早そうです。早めに申請を。